北九州市 インプラント相談センターは安心・安全・質の高いインプラント治療をご提供します。

Q インプラント治療はどんなものですか?

A 歯が抜けた所にチタンでできた人工的な根を骨に埋めます。骨と結合したらそれに土台をネジ止めして、その上に歯を作りかぶせます。

Q 全身麻酔で手術しますか?

A インプラント手術は歯を抜く程度の手術ですので本数が多くても全身麻酔の必要はありません。局所麻酔で十分です。

 

Q 入院することはありますか?

A 入院の必要はありません。手術後は激しい運動を避ければ、仕事も可能です。

 

Q インプラントの手術は痛いですか? 腫れますか?

A 麻酔をして手術を行うので術中は痛くありません。術後は多少の痛みを伴う場合もありますが、痛み止めのお薬を飲めば治まる程度の軽いものです。ふつう腫れはほとんどありませんが、本数が多くなると、腫れは多少あります。しかし数日でおさまります。広い範囲の造骨手術をした場合は腫れたり、痛むこともあります。

 

Q 手術時間はどのくらいですか?

A 手術時間は同時に埋めるインプラントの本数によりますが、1本につき30分~40分程度です。骨を造る時はもう少し長めになります。

 

Q インプラント治療に年齢制限はありますか?

A 顎の骨が成長中である間はインプラントはできません。だいたい20歳を超えると可能です。健康であれば特に上限はありません。80代の方でも健康であればインプラントにされています。

 

Q インプラント治療は誰でも受けられますか?

A 健康で、抜歯ができる方ならばインプラントもできると考えて大丈夫です。しかし、重症の糖尿病や高血圧・骨粗しょう症・血液が固まりにくくなる薬を飲まれている方・妊娠中などの方はすぐにはできません。主治医の先生と相談しながら全身管理を行ないつつ、手術するタイミングをはかります。虫歯や歯周病が有れば事前に治療をしなくてはいけません。

 

Q 体に害はありませんか?

A チタンはとても硬くて溶け出しにくい金属で、しかも生体に不活性な金属です。通常は金属アレルギーをおこす可能性はなく、体にも安全です。ただし、最新の報告では、チタンアレルギーは完全に0%ではありません。本当に極めてまれですが、重症の金属アレルギーの病歴をお持ちの方は、安全のために精密検査をおすすめします。当医院でも、精密検査の結果チタンにアレルギーを持った方がおられました。

 

Q 本当に自分の歯と同じようにかめますか? 

A 骨の痛みは主に骨膜という骨の表面で感じるものですから、骨の中に埋めたインプラントは痛みは全く感じません。また、インプラントと骨は硬く結合するので、硬い物もご自分の歯とほぼ同じ様にかめます。インプラントは上からの圧力に強く、横からの揺さぶりの力に弱いという特徴があります。そのため横揺れのかかりにくいかみ合わせに調整します。結果として天然歯よりインプラントの方が硬い物はかみ砕きやすいのですが、繊維質の食べ物をすりつぶす事はやや苦手になります。私の感覚的な数字ですが、天然歯のかみ心地を10かめるとするとインプラントは9、部分入れ歯なら2~3ぐらい、総入れ歯なら0・5ぐらいのかみ心地でしょう。

 

Q 外観からインプラントをしていると分かりますか?

A いいえ、判別できません。かぶせる物の種類にもよりますが、自分の歯と変わりません。根の部分だけがインプラントですから、外観からは区別ができず、陶器の歯にすれば、自分の歯と同じように見えます。

 

Q 治療期間はどのくらいですか?

A インプラントが骨に結合するのに、下顎で2~4ヶ月、上顎で4~8ヶ月かかります。骨が少なくて骨を造る処置を別にした時はもう半年ぐらい長くなります。その後に型を取ってかぶせるまで1ヶ月前後ぐらいかかります。全体として下顎で3~5ヶ月ぐらい、上顎で5~9ヶ月ぐらいかかります。何箇所にも渡ってインプラントをする方は、1年以上かかる方もおられます。

 

Q 治療費用はどのくらいかかりますか?

A 平均的な治療費は、一般に1本30万~40万ぐらいが多いと思います。10万円を切る価格設定の所もインターネットで見かけますが、格安メーカーで質が悪かったり、条件がきびしくほとんどの場合当てはまらなかったりします。被せる歯の材質によっても金額に差があります。同時に何本も入れると割安になったりもしますし、骨が少なくて骨を造る場合や仮歯用のインプラントを入れたりする場合は別に費用がかかります。各々の医院とご相談の上、治療の計画書や見積書をもらいましょう。

 

Q インプラントは何年くらいもちますか?

A インプラントは虫歯になりませんが、しかし歯周病にはなります。人間の永久歯と同じと考えてください。人間の歯も永久には使えません。インプラントも永久には使えませんが日頃からの手入れが良ければ大半の方は20年以上持っていますし、95%以上の方は十年以上は持っています。従って、一概に何年とは言えず、個人差があります。10年以上持たない主な原因はお口の清掃不良やかみ合わせ不良です。通常の人間の歯は20歳ぐらいで親知らずまで歯が生えそろいますよね。手入れが悪いと歯周病によって40代で歯が抜けていくものです。それと同じ状況と考えればわかっていただけると思います。主な危険因子としては、清掃不良による歯周病・管理されていない糖尿病・多量の喫煙・免疫力の低下・骨粗しょう症・歯ぎしり・かみ合わせの不良など様々な原因があります。つまり、ご自分の歯と同じです。長持ちさせる一番のポイントは、定期的にプロのクリーニングとかみ合わせの検査を受ける事です。

 

Q もし、インプラントがはずれたらどうしたらよいですか?

A 骨が異常なければ3~4カ月で骨が再生しますから再度インプラントが可能です。ただし、脱落の原因が清掃不良か過度な力なのか検討して対策をします。

 

Q もし、インプラントが壊れたらどうしたらよいのですか?

A 歯の部分が壊れたら、ネジをはずして修理か再度製作します。根の部分が壊れる事はまずありません。もし壊れたら撤去して直径の太いものをいれます。

 

Q 治療の期間中は歯が無いのですか?

A 状況に応じて様々です。両隣に自分の歯があればそれを支えに仮歯を入れます。自分の歯がない場合は仮歯用のミニインプラントを支えにして仮歯を入れています。どちらにしても、当医院では、見た目が悪くなくて、ある程度はかめる状態となるよう考えて仮歯を入れています。歯を抜いてすぐインプラントをする方法もありますがはずれる事もあります。しかし先生毎の治療方法によりますので事前に相談することをお勧めします。

 

Q インプラント治療後のお手入れはどうしたらいいのですか?

A お口の中を清潔に保ち長くインプラントを持たせるためには

①自宅でのハミガキと②医院でのクリーニングが大切です。

自宅でのハミガキは、専門の歯科衛生士による指導を受けて毎日行ないましょう。

 

②医院でのクリーニングは、1~2ヶ月に1回のペースで歯科医院に行って、30分程度お口の隅々までクリーニングをしてもらいましょう。今残っている自分の歯を残すためにもクリーニングはとても効果があります。インプラント専用の特別なクリーニングをお勧めします。

 

Q 転勤族でクリーニングに通えない場合はどうしたらよいですか?

A インプラントは特殊な治療ではなく、もはや普通の治療です。インプラントを施術している医院は全国どこに行っても、すぐ見つけられます。転居先でインプラントのクリーニングをしている医院を見つけて、クリーニングを続けてもらいましょう。

 

Q 自分の歯とインプラントをつないでブリッジにする事は可能ですか?

A 以前は自分の歯とインプラントをつなぐこともありました。しかし、長期的にみるとインプラントに揺さぶる力がかかることになります。インプラントが脱落する原因となるので、現在では多くの場合はつなぎません。原則として、一本の抜けた歯に対して一本のインプラントを埋める設計にしてブリッジにしなくて済むように治療計画を立てます。

 

Q 3本の抜けた所に、両端2本のインプラントで支えるブリッジは可能ですか?

A かみ合わせる反対側の歯からどのくらいの力がかかるかによります。原則として、一本の抜けた歯に対して一本のインプラントを埋める事をお勧めします。ブリッジにすると、インプラントの数を減らす事ができますが、無理をしてブリッジにすると、負担がかかりすぎて脱落の原因となります。ブリッジでも、例えば4本歯が抜けていて、3本のインプラントを支えにブリッジをかけるなら比較的安全で可能です。蛇足ですが、逆に隣同士のインプラントはつないだ方が強固に固定され安定しますから、原則として連結します。

 

Q 以前「インプラントは骨がないので無理」と言われましたができないのですか?

A 下顎の場合は水平的に吸収があり骨が低いと、できない場合もあります。しかし、骨の幅が足りない時は、骨を造ることで可能な場合が多いです。下顎はケースによって違いがありますので先生にご相談してみてください。上顎の場合は人工骨を入れたり事前に骨を造る手術をすることでほとんどの場合可能となってきました。これもやはり、インプラントをされる先生の技術によって差がありますので、エックス線検査の結果を待って正確

に判断してもらいましょう。