北九州市 インプラント相談センターは安心・安全・質の高いインプラント治療をご提供します。

「グラグラでかめなかったのが、今は何でもかめて喜んでいます」

増井 ふみ子様 (五二才 女性)

 

◎『インプラントにどのようなイメージを持っていらっしゃいましたか?』

「実は、私の母がもう二〇年以上も前からインプラントを入れていました。去年八八歳で亡くなったのですがとても良くかめると言っていました。それを聞いて姉も一五年ぐらい前にインプラントにしました。姉も良くかめると言っています。自分も歯が無くなったらインプラントを入れるものと何となく思っていました。だから、今回、歯がグラグラしてかめなくなったので、入れ歯ではなくインプラントを入れようと最初から思っていました」

 

『そうだったんですね。先見の明があるすばらしいお母様ですね。驚きました』

 

◎『当医院を選ばれたのはどうしてですか?』

「最初は、母がインプラントをした医院に行きました。しかし、先生がもう高齢でインプラントはしていないということでした。そこで、別の医院を紹介していただいたのですがそこは遠くて行けず、頭を切り替えて、若い先生が良いかなと思い、ホームページで探して、こちらにお世話になりました。虫歯もたくさん有りましたので、その治療をして頂く間に、いつも患者さんが多いので、上手いのだろうと思いました。それで、ここの先生なら大丈夫だと思いました。歯医者さんは説明してくれる事よりも、腕と言うか技術力が大事だと思いますよ。また、矯正もされていて、とても勉強熱心な先生だろうと思いました。私の前歯もかなり引込めて頂いて、キレイになり感謝しています。会社の人から『歯がキレイになりましたね』と言われて、とても嬉しかったです。ありがとうございました」

 

『それは、とてもよかったです』

 

「顕微鏡で歯周病の菌を見る検査をしてもらいましたが、昔はそんなのは無かったですね。実は、歯周病も気になっていたので、歯周内科?ですか?・・・それで歯ぐきも良くなり、本当に良かったですし、安心しました」

 

『歯周病は完全に治りましたよ』

 

◎『当医院では、事前にインプラント治療に関してのカウンセリングをしていますが、受けた時の印象はどうでしたか?』

「今回は上2本と下1本の計3本の見積書を事前にいただいて、説明してもらったので特に不安とかははありませんでした。分かりやすかったし、金額も、高いとは思いませんでした。歯は大事ですから・・・。みんな車にはお金かけるのにどうして歯にお金をかけないのでしょう。他のものを少し節約してでもした方が良いと思います。絶対にその方がいいと思います。会社の子にも『歯は一生の物で大事だから痛くなくても、歯の手入れに行きなさい』とよく言っています」

 

◎『手術に対する不安や疑問はありませんでしたか?』

「手術ですから、多少の痛みはあるだろうと思っていましたが、一回目の上の手術の時が何とも無かったので、2回目の下の手術の時はその日から職場に行きました。事前にカウンセリングをしてもらって、治療計画書をもらい、治療方法や注意する事などを聞いたので安心して治療を受ける事ができました。また、治療後の痛みについても思ったほどではなく、ビックリしました。手術という言葉が痛みを想像させるだけだと思います」

 

◎『インプラントが入った時はどんな感じでしたか?』

「実際に初めて使ってみると、何でもかめるので本当に良かったと思います。以前は歯がグラグラでかめなかったのですが、今は何でもかめて喜んでいます。歯がよみがえったという実感がしましたよ。硬い物も全く問題なくかめています」

 

◎『もし友達でインプラントを迷っている人がいたらどう助言しますか?』

「絶対にインプラントをすすめます。痛みもひどくはないし、大丈夫ですよ。母も姉も、長い間大丈夫でしたので、最初金額が少し高いと思っても長い目でみれば決して高くはないと思います」

 

『今日は貴重なお話をありがとうございました。これからも時々、クリーニングにいらしてくださいね』

 

「おしゃべりしにくかったのが今は大丈夫だし、何でもかめるわ。」

 森本 夏江様 (八四歳 女性)

◎『治療前は何が一番気になってましたか?希望はどんなことでしたか?』

「もう、この年ですからね、入れ歯を作ってもらって初めて入れたのよ。でもね、歯茎と入れ歯の間にね、食べ物がはさまるのよ。それと、『さしすせそ』が言いにくいのよ。私は、おしゃべりが好きだから、しゃべれないのは困るの。それで、しばらく入れてなかったの。でも、入れ歯がないと物がかめないから、とにかく物がかめて、しゃべれたらいいなと思っていました」

 

『入れ歯はしゃべりにくいし、物がつまりますよね。』

 

◎『当医院を選ばれたのはどうしてですか?』

「昔初めて来た時は、娘と一緒に居た時だったから、歯の事を娘に相談したらね、娘の婿がこちらに行きなさいといったのよ。あの子はこちらに御世話になっているみたいよ。それでこちらにお世話になりました。その時は、右上に何本か差し歯を入れてもらったの。その差し歯が、とっても、かみ心地が良かったのよ。そのあと、引越してこちらには来てなかったけど、また、左上もそんな風にしてもらえたらなと思っていました」

 

『そうだったんですね』

 

◎『治療前はインプラントについてどんな印象を持っていましたか?』

「お友達はインプラントをして良かったよと言っていました。自分の歯と同じように硬い食べ物もかめるよと言っていたから良いのだろうと何となく思っていました。聞いたときは自分の歯でかめていた時だったから、あまり自分がするとは思っていなかったのでね、何となく良いのかなと思っていたぐらいです。昔はなかったけど、今は何でもできるのね」

 

『やはりインプラントした人の言葉は真実味があるから影響は大きいですね』

 

◎『手術に対する不安や疑問はありませんでしたか?』

「怖いとか痛いとかはなかったですよ。麻酔してするのでしょうから、大丈夫だろうと思っていました。まあ多少の痛みはあるだろうと思っていましたが、何とも無かったですよ。でも、その後お休みしている間に (※上顎の場合は骨とインプラントが結合する間が六ヶ月ぐらいかかりました)、途中で帯状疱疹になってね、医療センターにずっーと行っていたのよ。その間、歯医者はしばらく中断していたのよ。もう良くなったけどね。どちらかと言うと、そちらの方が大変だった」

 

◎『インプラントが入った時はどんな感じでしたか?』

「硬いものも普通に食べれています。ぜんぜん気にならないです。インプラントにして良かったですよ。ちゃんと、おしゃべりも普通にできるし、とても感謝していますよ。歯は大事だからね。娘が二人いるけど、歯が弱くてね。歯は大事よといつも言っているけどね、娘は歯が痛い時だけしか行かないの。二人とも忙しいとか言ってね」

 

◎『もし友達でインプラントを迷っている人がいたらどう助言しますか?』

「インプラントをすすめますよ。長く持つと聞いていますから心配はないです。まあ、そんなには生きていないだろうけど。皆さん、お金が高いと言われるけど、この年だからお金を持って逝ける訳ではないしね。八〇歳を過ぎてからは自分のためにお金を使うことにしたのよ。もう子供たちにも十分色々としてやったから、もういいかなと思うしね。毎日が健康なら、もうそれで十分よ。歯も終わって、趣味がまたできるわね。じっとしておくのはいや。色々するのが好きだから、動いたり、おしゃべりしたりするのが好き。今は、洋裁と大正琴と水泳をしています。運動もしないと体が動かなくなるしね」

 

『長い間の治療お疲れさまでした。時々、クリーニングにいらしてください』

「はい、時々寄らせてもらいます。歯槽膿漏になったら駄目だからね」

『今日は貴重なお話をありがとうございました』

 

「自分の歯を削らずにすんだのでとても良かったと思っています。」

中島 宏様(二九才 男性)

初めてインプラントをしたので、やや緊張しました。でも、思ったよりも痛みも腫れもなく、仕事にも影響がなかったので助かりました。前歯だったので、途中の仮歯もきれいに作っていただき感謝しています。でも、インプラントの歯も自分の歯と同じようで、鏡を見てもどれがインプラントなのか見分けがつきません。かむことも普通にかめています。本当に先生やスタッフの方に感謝の気持ちで一杯です。最初は、高いから保険のブリッジでも良いかなとも思いましたが、先生の説明を聞いていると、想いが伝わってきて、これ以上自分の歯を失いたくないと思い、インプラントにしました。今は、インプラントにして本当に良かったと思っています。できれば、金額がもっと安いと助かります。これからも予防に伺いますのでよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

他にも、興味深い感想として、「インプラントにしてカラオケを再開しました」「インプラントのおかげで杖が不要になりました」等と言われた事があります。小冊子にはさらにたくさんの事例が載っておりますので、ぜひご請求ください。